アクセスアップへの道!SEO対策情報ブログ

ホームページ・ブログのあたりまえのSEO対策や制作テクニックなどなど

4月 7th, 2010

FC2ブログのMETAデータ『description』はカスタマイズしないと全部同じ内容になってしまい、重複してしまいます。

そこで『description』のとこを次のように書き換えてみましょう。
『環境設定』の『テンプレートの設定』でHTML編集します。

<!–index_area–>
<meta name=”description” content=”<%introduction>” />
<!–/index_area–>
<!–permanent_area–>
<meta name=”description” content=”<!–topentry–><%topentry_discription><!–/topentry–>” />
<!–/permanent_area–>
<!–edit_area–>
<meta name=”description” content=”<%edit_body>” />
<!–/edit_area–>

このままコピペして下さい。
そうしないとうまく動作しません。

書き換えたらブログの個別ページのソースを見てみると、本文から文章を拾って『description』に自動的に書かれてますよね。

こうしとけば最低限、検索エンジンに嫌われることはないでしょう。

4月 2nd, 2010

SEOの効果を見るに解析ツールのほか、「Dipper」といった診断ツールもあちこちにあります。

Dipper
http://dipper.septeni.co.jp/

Dipper SEO診断

簡単なサイトの評価やGoogleページランク、被リンクの数なども調べくれます。
あとちょっとだけサイトの構造もチェックしてくれるので、見落としのチェックにも便利かもしれません。

気になったらちょっと使ってみるといいかもしれません。

3月 31st, 2010

検索エンジンにサイトマップを送信

検索エンジンにURLを送信しただけではサイト全体を見つけてもらうに時間がかかります。そこで見つけやすくするためにサイトマップやRSSを送信します。HTMLで書かれたサイトマップとは違うのでご注意を。まずは代表的なGoogleとYahooのアカウントを取得しましょう。

Googleウェブマスターツール
https://www.google.com/webmasters/tools/
Googleウェブマスターツール

Yahooサイトエクスプローラー
https://siteexplorer.search.yahoo.co.jp/
Yahooサイトエクスプローラー

1. URLを登録
管理してるサイトのURLを登録します。

2. サイトの認証
サイトのオーナーであることを証明するため、サイトの認証をします。
検索エンジンから与えられたHTMLをアップロードして認証するか、METAタグを加えて認証します。

メタタグ例
Google → <meta name=”verify-v1″ content=”XXXXXXXXXX” />
Yahoo → <meta name=”y_key” content=”XXXXXXXXXX” />
これをトップページのみに付け加えます。

3. サイトマップの作成
まずサイトマップを作りましょう。
テキストエディットを使って、テキストエンコーディングはUTF-8にして次のように書きます。

<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?>
<urlset xmlns=”http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84″>
<url> ← ここから
<loc>http://sozai.hp2.jp/blog/index.php</loc> ← URL
<priority>1.0</priority> ← 優先度
<changefreq>weekly</changefreq> ← 更新頻度
<lastmod>2010-01-23</lastmod> ← 最終更新日
</url> ← ここまでをコピペして書き足していきます。
</urlset>

ファイル名は拡張子にsitemap.xmlと付けて保存。

■優先度
0.0(低い)から1.0(高い)を入力。

■更新頻度
always → 常時更新
hourly → 毎時更新
daily → 毎日更新
weekly → 毎週更新
monthly → 毎月更新
yearly → 毎年更新
never → 更新しない

■最終更新日
年 → 2010
年月 → 2010-01
年月日 → 2010-01-23
年月日時分 → 2001-01-23T12:34+09:00
年月日時分秒 → 2001-01-23T12:34:56+09:00

自信が無い方は自動生成ツールなどを使ってみましょう。
http://www.sitemapxml.jp/

できあがったサイトマップはYahooでも使えます。

4. サイトマップの送信
GoogleではXMLのファイル、YahooではRSSなども送信できます。

Googleウェブマスターツールではサイトの解析・診断を多少やってくれます。
Yahooサイトエクスプローラーはインデックスとクロールの状況の確認ぐらいで今のところ解析・診断は無いようです。

3月 30th, 2010

<strong>は<b>と同じように文字が太くなり、<em>は<i>と同じように斜体になるタグです。まったく同じように思えますが、検索エンジンが重視するのは<strong>と<em>のほうで、<b>と<i>は視覚効果としか見てくれません。

重要なキーワードに付けることで多少のSEO効果が得られるとよく言われますが、付け過ぎるとスパムと判定されるかもしれませんので、1つぐらいにしておきましょう。

視覚効果を付けたくない場合はCSSで下記のように書けば普通の文字で表示されます。

strong {
font-weight: normal;
}

em {
font-style: normal;
}

3月 30th, 2010

SEO対策の効果がどれだけ反映されてるかを調べるにはアクセス解析ですね。CGIが動かないサーバーの場合はレンタルのアクセス解析がいいでしょう。私は面倒なのでレンタルしてます。

私は3939解析を利用してまして、ここは無料版と有料版があります。
http://www.3939kaiseki.com/

3939解析

無料版でもなかなか高機能で使いやすさもいいし、カウンターも表示可能なのでいちいち別にカウンターを設置することしなくてもいいです。このブログのサイド下に表示されてるのがそうです。携帯サイトにも対応してるので非常に便利ですね。